December 08, 2004

信号機 in London 2002

 会社の近くに信号があります。(あたりまえか)
 それで、ちょっと思い出した話です。

 この年はWaoにとって数年ぶりのロンドン滞在でしたので、着いた当日ホテルに荷物おいて、とりあえず出歩いてみました。
 パディントンのホテルに泊まったので、まわりの通りは車も多いです。で、当然、信号があります。

 これもあたりまえですが、Waoは赤信号なら歩みを止めます。青なら進め。幼稚園児でも知ってるコトですよ。

 ところがロンドンのひとって赤でも止まらないんです。もちろん、車がきてるかどうか確認してるんでしょうケド。赤信号だろうが、横断歩道なかろうがわが道をいく、Going My Wayなんです。

 そういや、この国ではこうだったな〜、とWaoも信号無視をはじめます。で、ある横断歩道にきたときに、前をみるとPolice Manがいたんです。
 さすがに、これはマズイと思って赤信号で止まったら、ヤツら

信 号 無 視 し ま し た 。

 警察官までかよっ!

 まぁ、その後ろについて、Waoも渡りましたケドね。

 そんなコトがあって日本に帰ってきてから、最初に話した横断歩道で信号無視しまくってたら、しばらくして、

当社の人間が信号無視をして近隣の子供に悪影響をあたえていますので、交通ルールを守るよう管下徹底してください。

 なんて通達でちゃいました。

 Waoだけのせいぢゃないケドね。

 みなさん、交通ルールは守りましょう。


posted by Wao at 11:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Travel to London 2002 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。