February 03, 2010

スノボ旅行 〜宿をめざせ!〜

 なんとか遭難をまぬがれ、本来のコースに復帰しましたが、そのころには、もういい時間になってました。

 さぁ、ゆるりと休める宿に帰りますか。

 ヘロヘロなMushaとDISKを引きつれY店長の先導でゲレンデをぬけていきます。Waoも、通常モードにもどり、しんがりをつとめます。

 さすがにDISKが疲れてタイヘンそうだけど、なかなかの根性をみせてコケながら進んできてくれてました。


 そしてついに、あと1コースを滑ればスキー場入口にもどれるところまできました。
 しかし、ここで選択を迫られます。


 ひとつは中級コース。コースの長さ自体はそこそこで、これを滑っていけば、さらっと帰り着くことができるでしょう。

 もうひとつは、それを迂回する林道コース…


「左にいけば林道コースだけど、どうする?」
「林道コースですか…」


 さきほどの終わりの見えない林道コースがフラッシュバックします。

 そんなとき、ヘタれていたDISKが叫びます。


「林道コースはヤダ!!!」


 よし!よくいった!初のスノボで中級コースもどうかと思うが、おれたちゃ早く帰りたい!!!


 ってコトで中級コースを滑ることにしました。


 当然、いままでより斜度がキツイ。これはこれでタイヘンなんです。

 Waoたちだって、そんなにうまいワケじゃないしね。Mushaは当然ユラユラだし。


 だが!選んだ以上は、われわれには前進しかない!!


 ってことで、そのときの様子。

日も暮れてきて…

 手前がDISKで奥に微かにコケているのがMushaです。


 まぁ、しかし苦労しながらも、雪質よかったんでコケてもそんな痛くないし、これでドカ雪さえふってなければ快適だったんでしょうけどね。


 全身雪だらけになりながら、なんとか下まで滑ってこれましたよ…

 ふぅ、みんなおつかれさまでした。


 ところが、宿までの道でMushaが湿布かエアーサロンパスがほしいとかぬかします。


「だって、体いたくなりますよ、絶対。これ重要!」
「え〜、一回宿かえってからにしようぜ…」
「でも、この雪の中、もっかい外にでるのやじゃないですか?」
「たしかになぁ…」
「Googleで調べたら近くにコンビニありましたよ!いきましょう!」


 強気なMushaでしたが、彼の案内で進んでいくと、どうも暗い夜道にすすんでいるとしか思えないんです。


「ちょっ、ちょっと待て!Musha!この道おかしくねぇ?」
「いや、Googleにはたしかにコンビニあったんですって」
「ちょっとあの人にきいてみようや」

 と、スキー場の入口で交通整理してたお兄さんにきくことにしました。

「あ〜、15分くらいいったらありますけど…」

 苦笑いしながら親切に教えてくれるお兄さん。

 あきらめて、帰り道にあるお土産屋さん兼案内所みたいなところにいきました。

 当然のように湿布類はナシ。

 Waoはチョコとペットボトルの水を買いました。

「やっぱ、おれらコンビニいきますよ」

 とMusha。

「『ら』っておれも?」
「当然!」

 例によって例のごとくMushaにまきこまれるY店長。
 ま、Y店長いっしょなら安心か。いってきなされや。

 ということでMushaとY店長はコンビニに。WaoとDISKは宿にもどることにしました。


「メシ何時まででしたっけ?」
「8時までだから、余裕だよ」

 このとき18:00。

「じゃ、コンビニついたら電話しますよ、なんか欲しいものあったら、またそのときにいってください」
「さんきゅー。迷わないようにな」


 DISKとともに宿につき、着替えて、ちょっと部屋でまったり。すこしばかり宿のことで確認を、とWaoはDISKをおいてフロントにいきました。


「あ〜、きたきた。どうぞ、食事の準備できてますよー」

 明るい感じの宿の方。

「すいません、まだ二人、もどってきてなくて。8時まででしたよね?夕食」
「今日、年末なんで7時までなんですよ〜」
「えっ!?」


 ソッコーで部屋にもどり、DISKをたたき起こし事情を説明します。


「とりあえずY店長に連絡して、すぐ戻ってくるようにいうか」
「だね」
「…電話でねぇっ!」
「マジで!?」
「Mushaに…ダメか、あいつバッテリーもたないからって携帯もってってないな」


 つかれきった体で夕食の心配がでてきたWao様ご一行。はたしてMushaとY店長はコンビニにたどりつけたのか?

 われわれは夕食にありつけるのか?



 なんてトコで次回に続く。


posted by Wao at 02:24 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Snow Board 4th | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。