March 02, 2010

スノボ旅行 〜意味わからん〜

 二日目も無事(?)にケガもなく宿に帰ってきました。

 で、宿のこと…って思ってたんですが。

 DISKが、Waoの忘れていたことをエントリーしていたので、こっちでも書いてみることにしましょう。

 話は、宿に帰る前にさかのぼります。


 午後にDISKと合流して滑っていたのですが、本人もかいているように、さすがにはじめてのスノボ、コケまくって体力を消費してしまいます。
 って、ことで本人の申告もあり、第2モンブランで休憩してもらってました。うーん、このへん、Waoも記憶がさだかではないのですが、おそらくポーくんの話のあとのことだったのではないかと思います。


「んじゃ、DISK、悪いけど、いってくるわー」
「うんー」


 と、さすがにおつかれ気味。座りながら携帯いじっているのが、そのとき、彼をみた最後の姿でした。


 ということで、Musha、Y店長とともにゲレンデを滑ってきます。さすがに、三人とも4回目のスノボなので、そこそこコケながらも、そこそこ滑れてますです。はい。

 ひとしきり滑って、じゃあ、DISKをひろって宿に帰ろうか、というところで、第2モンブランの前に到着します。


「ボード脱ぐのめんどいから電話するわ」

 最後にDISKをみた姿が印象に残っていたのでしょう。WaoはDISKに電話してみます。

 …でねぇ。

 おかしい、彼はひとりでモンブランにいたはずだ。さすがに、ひとりで滑りにはいかないだろう、と。ちょっと心配になり、もう一回電話をかけてみます。

 …でねぇ。

 おかしい、こんなときは携帯が主な連絡手段になることは彼もわかってるはず。しかも、ふだん、携帯での連絡のレスポンスはいい男なのに…


「ん〜、でないなぁ…なんかあった…ってことはないだろうけど」
「トイレですかね?」
「ああ、じゃあ、おれ、トイレいきたいから、ついでにみてきますよ」


 とY店長。軽いフットワークでボードをはずし、モンブランへとはいっていきます。


「なぁ、Musha」
「はい?」
「これでY店長も帰ってこなかったらどうする…」
「事件ですね…」


 なんて、くだらない杞憂をヨソにしばらくすると、Y店長がダッシュでもどってきました。


「Waoさん!DISKくんいました!」
「お、そか、よかった。Y店長さんきゅー」


「外国人に囲まれて

ソフトクリーム食ってました!」



「なんでだよっ!!」


 いや、もぅ、そんな突っ込みしかなかったですよ、ええ。いちおう、なんかあったらヤダなぁ、と心配してたモンですから。

 そのY店長の後方から、ゆっくりとDISKが現れました。


「電話でなかったから、どうしたかと思ったよ」
「(携帯みて)ホントだ。なんで気づかなかったんだろう??」
「つか、なんで外人に囲まれてソフトクリーム食べてんだよっ」
「いや、食べたかったから」



そりゃそーだけどなっ!!!



外人の意味はわからんだろがいっ!!!



 って、まぁ、本人のブログをみる限り、本人もワケわからず包囲されていたようですが。


 と、こんなこともあり、前回のくだりになるわけです。


 まぁ、何事もなくてよかった。


posted by Wao at 01:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Snow Board 4th | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。