January 07, 2005

不思議なヒト

 これも昔にであったおばあさんの話なんですけど…

 以前、Waoがひとりでフラリと池袋にいったときのコトです。

 池袋へは特に目的もなくヒマだったのでいってました。やることもないので、とりあえずサンシャイン通りを歩いていました。
 てきとーにお店をまわり、てきとーにゲームセンターよったり、喫茶店でお茶を飲んだりしてましたが、あまりにもヒマだったんで映画を観ることにしました。
 ヒューマックスパビリオン(HMVのあるビルです)で「陰陽師」がやっていて、さっそくチケットを買うために列にならびました。

 Waoの前は、ちょっと小太りのカワイイ感じのおばあさんでした。そのおばあさんは耳が悪いらしく、チケット販売のお姉さんのマイクを通した声をきいた瞬間、「ひゃあ!」と叫び、耳をおさえてしまいます。

 しかたがないので、Waoがそのおばあさんから観たい映画をきき、代わりにチケットを買うことにします。で、なに観るのかきいてみると、なんと「陰陽師」!いっしょかよっ!って思いながらもチケットを買って、おばあさんにわたしました。

 おばあさんは、笑顔でWaoにお礼をいい、映画館の中へと消えていきます。いいコトすると気持ちがいいですね。

 そして、

「…いらっしゃいませ」
「…陰陽師お願いします」

 とデジャ・ヴュのような気まずい会話をするWaoとチケット販売のお姉さんがいたのはコネタ。

 んで、こっからが本題。

 映画をみたWaoは、そのままHMVにはいり20分ほどすごします。CDを1、2枚買って外にでると、上の階からエスカレーターさっきのおばあさんが降りてきます!20分もなにしてたんでしょう??
 おばあさんは、Waoをみつけると一直線にこちらに歩いてきます。そして、おもむろに、

「さっきはありがとう。この左手を大事にして」

 とWaoの左手をにぎりしめ、おばあさんはポカンとしたWaoを置き去りに、笑顔で手を振りながら去っていきます。

 ビックリしましたよ、実際。だってWaoは「左利き」なうえに、いろいろと逸話のある左手ですから。なんでわかったんだろう…不思議なおばあさんでした。


posted by Wao at 16:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Wao's Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。