August 11, 2010

スキー旅行 〜どこいってたの?〜

 ゴーグルをとりにいったvaboを待ちながら、DRR、DISKとともに、ゆったりとゲレンデを滑ります。

 大丸山ゲレンデは、それなりに斜度はあるのですが、コースも広く、コブもあまりなく、練習にはもってこいのコースです。

 ただ、このゲレンデを並走する北丸山ゲレンデ、こいつはリフトからのぞいてみるとシャレならん斜度と大きなコブだらけのコースだということがみてとれます。


 やべぇ、滑りてぇ。


 いや、実際、ちゃんと滑ってこれてるひとなんてほとんどいないんですよ、ここ。よほどのうまさのひとだけが、モーグル選手のごとく滑りぬけていき、ほとんどのひとはその斜面に敗北していました。
 もちろん、Waoも敗北する側のレベルの人間なのですが、なんつーのかな、チャレンジ精神っていうのか、無謀というのか、自分の実力超えたコースみると滑ってみたくなっちゃうんですよね。困った性格です。

 ただ、さすがにいっしょにすべってるDRRとDISKは、さすがにちょっとムリっぽいかなということで、この時点では気持ちを抑えてました。


 「vabo、早くもどってこい」と心の中でつぶやきながらね。

 道連れほしいともいいますが。


 とはいえ、だんだんと雪が強くなってきてしまったので、三人でお茶しながら、vaboを待ちながら休憩ということになりました。

 スノボのときとちがって、こんどはみんなそれなりに滑れる人間ばかりだからゲレンデこなす回数も多くて、またちがった疲れがあります。


 しかし、外をみると猛吹雪。あれ?お正月にもみたよ、こんな景色?


「vaboだいじょぶかいな…DISK、連絡きてない?」
「いや、きてないなぁ」


 前回のエントリーでは、ネタしこんじゃいましたが、実際はWaoの携帯は写真撮りまくってたせいもあって、ちょっとバッテリーが切れ気味だったんですね。で、vaboには、近くにきたらDISKに電話するように伝えていたんです。

 けれど、着信の気配もないDISKの携帯。うーん、vaboのスキーの実力からすれば、そろそろもどってきていいはずなんだが…電話をしてみるも、もちろんつながらず。


 ややしばらく休憩すると、若干、ほんとに若干なのですが雪も弱くなったようなので、ふたたび滑りはじめます。ゲレンデ滑ってればみつかるかもだしなぁ。

 で、リフト上っていったら、

遭難してるんじゃないだろうな…

 こんなんですよ!!!

 vabo、遭難してるんじゃないだろうな?

「…あれ、vaboじゃない?」
「あー、あの赤いウェアの?」
「それっぽいけど、そんなにいいタイミングでくるわけ…ってvaboだよっ!!」

 いや、マジで、ビックリした。リフトあがったら、逆からむかってくるんだもん。

「おーい、vaboーーー!!!」
「おー、お待たせ〜」
「お待たせじゃねぇ!時間かかりすぎだろ!」
「ゴメンゴメン、いろいろあってさぁ」
「ま、いい、いつものことだ。ところでvaboくん」
「ん?」
「ここから先にはふたつコースがある。ひとつは、ゆったりとした中級コース。もうひとつはモーグル上級コース」
「おお!」
「さ、上級コースに挑戦しますか」
「いこう!」

 まぁ、このへんの無謀っぷりはvaboも昔からかわらなかったりする。


 ということで、次回は上級モーグルコースへの挑戦!!!


 そうそう、このあたりが機会あるごとにDISKがWaoにいうひと言。


「Mushaくんといい、絶対そういうひと周りに集めてるよね!」


 そんなことはありません。


posted by Wao at 01:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Ski 1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。