April 13, 2006

北斗の拳みてきました。

 つーコトでみてきましたよ。こないだのZガンダムに引き続き、真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章を。

 なんやかんやいっても、世代的にはずせんのですよねぇ、北斗の拳は。

 いったのはもちろん、わが友、バルカンくんと。Zガンダムでテンションあがっちゃったんで、再びふたりで映画館にいきました。


 話はサウザー編を元に構築されております。残念ながら、シンやレイはすでに亡き者の時代ですね。


 ウワサの阿部寛のケンシロウ、最初は不慣れなせいもあったので、ちょっと微妙でしたが、後半には文句ナシのケンシロウがそこにいました!

 ラオウ役の宇梶剛士は悪くないけど、もうちょっとがんばってほしいかも…だってラオウなんですよ!ラオウ!
 もっと!もっと!覇王っぽく!いや、むしろ覇王であってくれ!!!


 コホン。意味なくテンションあがりましたが気にしないでください。


 オリジナルキャラクター、レイナの声は柴咲コウが担当しておりますが、こちらはオリジナルなので思い入れも、もともとないからいい感じです、はい。ちなみにキャラデザインは『CITY HUNTER』の北条司デス。
 違和感もなく、「北斗の拳」の世界にマッチしてました。


 しかしだ、しかし!注目すべきはなんといっても、サウザー役の大塚明夫とシュウ役の大塚芳忠だっ!!!


激カッコイイ!!!!!


 あんなのやられちゃ、他のひとがかすんじゃうよ!

 ってくらいよいのです、ふたりの演技が。


 惜しむらくは、サウザーがなぜ帝王になったか?なぜ愛をすてたのか?ってとこが削られちゃってるところかなぁ。「愛深きゆえに」ってのは北斗の拳のひとつのテーマだと思うんだけどね。

 「帝王は屈せぬ!」のシーンはやっぱカッコよかったですね。(セリフもっと長かったような…)あの両足がダメになっても、両手をつかって飛ぶサウザーは何年たってもいろあせません。

 シュウの最期もかなり泣かせる、つーかシュウはやはり全編においてカッコいいっす。
 「子供から光を奪ってはいけない」のですよね。

 そういう割には映画自体はR-12指定だったりしてましたが…


 全体的には世界観がしっかりしてきてるかなって思います。ラオウ軍とか聖帝軍とか冥王軍とか、戦国時代な雰囲気をかもしだしてきてるし、ラオウ軍もちゃんと指揮系統があるように描かれています。
 今後に影響しそうなカンジですね。


 最初は、ちょっと「ハズレかな?」とかって思いましたが、終わってみるとかなりイイです。
 そのままバルと飲んで語っちゃってるくらいだしね。北斗の拳ファンの方はみてみるとよいですよ。



 このエントリー書くにあたって「北斗の拳」でGoogleサーチしてたらおもしろいサイトをみつけたのでご紹介。

CrazyTimes 北斗の拳

 MADな北斗の拳コーナーは必見。スゴイよ、ここ。


タグ:映画
posted by Wao at 13:12 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wao's Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。