March 03, 2005

プロマシアミッション『誓いの雄叫び』(2)

 さて、次はいよいよ本命のミッションBC戦です!

 パーティー編成は、Annji(戦/忍)、Balkan(暗/忍)、Chocolaさん(白/黒)、Mitsukiさん(詩/白)、Vixenさん(忍/戦)、Warn(赤/黒)という形でいくことになりました。

 このBCはMammet-19 Epsilonという敵が三体でてきて、そいつらを倒します。作戦としては真ん中の一体をVixenさんとアンジでガチ固定して、両サイドの二体を、それぞれバルとWarnがバインドかけてマラソン、つまり敵をひきつれて走りまわるわけですね。そしてChocolaさんがメインヒーラーで、ミツキさんがサブヒーラー&パーティー補助という形になりました。

 そして、いざBC戦です!

さぁ、BC戦!

 作戦どおりにWarnとバルのバインドが決まり、マラソンを開始します。そしてVixenさんたちが残りの一体と戦闘をはじめます。

 マラソンは、Warnとしてはけっこう余裕でした。バインドがスカスカはいり、周りの展開をみる余裕すらあります。

 VixenさんたちはMammet-19 Epsilonにダメージを与えるのに苦労してるみたいでした。バルも自己回復ができないから、Chocolaさんとのヘイトの管理に苦労してそうだし、ミツキさんも走り回るWarnたちに歌をかけるのがタイヘンそう。

 Warnが一番楽チンなのかな、と思いつつヘイト稼ぎがてらケアルフォローなんかしてたりしました。

「MPも、まだまだ残ってるし、タブナジアでシゲさんからもらったパインジュースもあるし、時間はかかりそうだけど、うまくたちまわれば勝てるね」

 なんて考えながら戦場を走り回るWarn。これが隙をつくったんだろうなぁ…アホなWarnはMammet-19 Epsilonにバインドがはいりづらくなっているのに気がつきながらも周囲の回復しちゃったりしてます。

 そして何回目かのバインドが解けたMammet-19 EpsilonがWarnに走りよってきました。

「ちょこまかしてんぢゃねぇぇぇぇぇぇぇ」

 って声が聞こえてきそうな勢いです。

 ウザイなぁ、とばかりにWarnはバインドを唱えはじめます。その瞬間です、怒ったMammet-19 Epsilonのウェポンスキルが発動したのは。ダメージは200オーバー!

「やばっ」

 と言ったときには、Warnは地べたにはいつくばってました。まだVixenさんたちが一体目を倒しきってもいません。

 ヤラカシチャイマシタヨ。

 さてWarnを倒したMammet-19 Epsilonでしたが、そこで周囲をみわたして、

「ぬ…バインドかけてくるウザイやつを殺ったはずだが、あそこでまだフラフラしてやがるぢゃねぇか!」

 とつぶやきます。(イヤ、Warnの勝手な妄想だけどね)

 そう、彼の次のターゲットは、Warnと同じフェイスのミツキさんでした。(イヤ、実際はいろいろあってミツキさんにタゲがいったんだけどね)

 ミツキさん、しばし粘るもあえなく撃沈です。ゴメンなさい。

 Vixenさんたちが目の前のMammet-19 Epsilonを倒していくも戦況はかなり不利。バルもマラソンで必死な様子。Warnは応援することしかできません。

 そしてアンジのHPが残り50をきったころ、Chocolaさんが、ちょこちょこ〜っとVixenさんたちの近くに走りよりました。

 そう、白魔導師の2時間アビリティ『女神の祝福』です。これで前衛陣のHPが全回復し戦況が一変しました。
 幸い前衛の稼いでたヘイトが膨大だったらしくChocolaさんはMammet-19 Epsilonに襲われることもありません。ガルカ二人いるとはいえ、四人になってて回復量が減ってたのもよかったのかな。
 まぁ、Warnが死ななきゃ、ここまで追い詰められなかったでしょうけどね。

 そして最後のMammet-19 Epsilonが倒れました。勝利です!

 いや、よかったよかった。マジで。

 ムービー後、同フェイスヒュームが死体のまま南グスタベルグに現れましたが、Chocolaさんに復活させてもらいました。

踏まれてますが…

 ミツキさんも日記に書いてましたが、ムービーでも行き倒れになってるので、ストーリー通りすぎて、ちょっと笑えましたよ。


 しかしながら、Warnは反省ですね。調子こいて、自己ケアルを怠るとは…戦闘前にChocolaさんに「回復はリジェネくらいでいいよ〜」なんていってたことからも調子にのってたことがうかがわれます。

 ちなみにVixenさんの2/18の日記風に書くと、

バインド はいってる からって 調子にのるな!
バインド はいってる からって 調子にのるな!
バインド はいってる からって 調子にのるな!

 ってカンジですかねぇ…スイマセン、この言い回しがあまりにもツボだったんでパクっちゃいました。

 ちなみに、もう一方のパーティは余裕の勝利だったそうです。こちらもよかった。

 今回の戦闘はマジで反省しております。

 われながらありえんことしちゃったと思っております。

 次は、ちゃんとやります。

 ホント、あの状況で勝ってくれたメンバーに感謝です。ありがとでした!
posted by Wao at 11:10 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | Warn's Life-FFXI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝利おめでとう。
死んだって言っても1回でクリアできたんだからそれはそれですごいのでは。
私のときは3回くらい負けましたよ。

このあとのプロMで、サンド編、ウィン編でNMと戦うのですが、大勢いなくても勝てるので行くときは声でもかけてくださいね。いつでもお手伝いしますよ。

Posted by シンちゃん at March 03, 2005 23:40
 Sintesiさんも、BC前、ギリギリまでおつきあいありがとでした^^

 まぁ、BCまでいられなかったおかげで、カッコ悪い姿をみられずにすみました。SSアップしちゃってるケドねw

 続きのミッションやるとき、声かけますね。NMも、ちょっとばかりやっかいそうなんで、よろしくお願いしまっす^^
Posted by Warn at March 04, 2005 12:43
まぁ、結果から考えるに、白と前衛を最後まで残せたのが勝因ということで、つまり死を引き受けたのうちらでよかったということで、まさに計算どおり!?w
Posted by Mitsuki at March 05, 2005 11:58
 たしかに普段だとヘイトとりづらい詩人と赤は死にづらいよね。
 逆にこの二人が残ったらどうにもならなかっただろうなぁw

 計算どおりってコトですねww
Posted by Warn at March 06, 2005 04:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!