July 12, 2005

追悼 破壊王

 昨日、エントリーした「プロレスラー橋本真也」の訃報について、改めてエントリー&Smaxさんのブログ、月と専制君主@CH.Smaxの『追悼 爆勝宣言 「破壊王よ永遠なれ…」』にTrack Back!

 しかし、驚いたのは報道の多さです。Wao自身はプロレスファンではないのですが、この「プロレスラー橋本真也」訃報は残念でなりません。

 その報道の多さからも、彼はファンを愛し、ファンに愛されたプロレスラーだったんだな、と思います。

 Smaxさんが書いているように、

彼がまだ新日本に在籍していたころ、実家の近くの体育館で彼の試合を見た後、たまたま体育館から出る、橋本真也の姿を見かけた。一人一人のファンにサインし、握手をしていた。
その中に俺もいたのだが、彼からこんな一言を投げられたことを覚えている。
「今日はありがとう。また観にきてくれよ!」

 こういったエピソードからも伺えます。

 プロレスラーに限らず、有名になるとファンに対しておざなりな対応をすることが多いこの世の中ですが、こういったファンサービスもできてこその「プロ」なのだと思いますね。

 この辺りはトラックバック先のSmaxさんのエントリーに詳しくでておりますので、そちらもぜひご覧ください。

 いろいろな報道が流れて、どこでみた誰の話だったか忘れてしまいましたが「あの世には肩の故障などないので、思い切り暴れてほしい」というこの一言。

 Waoもそう思います。

 まだ40歳。これからというところだっただけに、ファンも、周囲の人間も、そして本人が無念でならなかったのだろうと想像します。

 ご冥福をお祈りします。
posted by Wao at 12:31 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | Notes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBサンクスです。
 今朝、朝刊(スポーツ新聞)をみたらほとんどが1面に橋本死亡の記事ばかりでした。
ネットは読売新聞が速報出していたし。
彼がこれほどの影響を及ぼす人だったんだなと改めて感じました。
 昨夜、CSのプロレス専門局でニュースをずっと見ていたのだが、関係者はみんな驚いていたし、泣いていた人もいた。
本当に惜しい人を無くしてしまったんだな。
ご冥福をお祈りします。
合掌。
Posted by Smax at July 12, 2005 18:37
 今日になってもぞくぞくと報道が続いていますね。改めて、影響力の強さに驚いています。

 よく「死んだときに何人泣いてくれるかで、そのひとの価値がわかる」なんてことがいわれますが、それを体現したような人物でしたね。
Posted by Wao at July 13, 2005 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
About This Blog
 このブログはWaoとFFXIのWarnの出会った出来事や、考えたことをきままにつづったブログです。WaoまたはWarnの生活や、Waoの海外旅行記、iPodのことやFFXI創作寸劇などのカテゴリーがあります。
 各種更新情報は、こちらを。各カテゴリーの説明は、こちらをご覧ください。
 「ブログってなに!?」という方がいらっしゃいましたら、How to watch Blog?をご覧ください。「ブログの見方」を説明しております。まだ執筆途中ですけど…

BlogClick!
気になるものがあったらClick!